借り入れ最高額に影響する総量規制

たいていの金融機関はキャッシングの最高借り入れ額を300万円から500万円に設定しています。しかし総量規制が課せられるようになり、希望する額のお金をキャッシングすることができなくなった人もいます。そもそも総量規制とは年収の3分の1を超える額のお金を一度に金融機関から借りることができないという規則です。そのため500万円をキャッシングしようとする場合、少なくても年収が1500万円以上なければならないのです。

このことに触れるだけでは総量規制が単なる制限に過ぎないと感じてしまうかもしれません。しかしこのような決まりが設けられたことで、返済の遅れや借金の踏み倒しといった事態を極力減らすことができています。そのため総量規制はお金を貸す側、そしてお金を借りる側双方にとってメリットとなるのです。

また総量規制は消費者金融を対象にして設けられたものです。そのため銀行やゆうちょ銀行は総量規制対象外であるために、年収の額に関係なく高額のお金を借りることができます。しかし銀行やゆうちょ銀行は消費者金融に比べると審査が比較的難しいとされています。しかしもしこれらの審査をパスすることができれば、高額の融資を受けることが可能となります。


関連記事

このページの先頭へ