主婦は主婦でも総量規制は対象なのか

総量規制というのは当人の年収の三分の一までしか借入を認めないという国が決めたキャッシングやカードローンにおける規制のことを言います。お金はあればあるだけ使ってしまうもののため、特に若年層に多かったカードローン破産というのが多発しました。自分の返済能力を超えて借入することが多発したのです。

この規制の制限にかかって、全く借り入れできなさそうなのが専業主婦です。専業主婦はその名の通り、主婦業しかやっていませんので収入は一切ありません。当人の収入の三分の一までの借入ですからゼロの三分の一で、結局借入可能額は0円です。とはいえ実際には旦那の収入があるわけで、それを考えるとお金を返済していく能力がないわけではありません。

そこで救済措置として特例が認められています。専業主婦に限り旦那と合わせて家庭としての収入の三分の一までの貸し出しが可能となっています。また更に嬉しいことに旦那への申告が不要、旦那の収入証明の提出が不要という金融機関やローン商品も存在します。やはり旦那に知られたくない用途で使う場面もあるでしょう、そんなことも考慮されているわけです。専業主婦だからといってあきらめるのではなくまずは相談してみましょう。

関連記事

このページの先頭へ