大手消費者金融に見る各社のメリット

大手消費者金融は一見ほとんど同じ条件で貸し付けているように見えますが、実際には違います。それぞれ違った特色を持つので、目的や金額に応じて利用する事でより便利に使う事ができます。

金利を安く抑えたいならばプロミスがオススメです。ほとんどの企業は法律の上限利息で融資を行っているのに対して、プロミスは17.8%と低利息での融資を提供しています。また初回出金は30日間利息を無料にするサービスを適用する事も可能な上に、ポイントサービスも提供いてますから、利息や手数料をカットする事もできるのです。

なお、アコムやレイクも上記と良く似たサービスを提供しており、初回契約日から30日間利息を無料にする融資を行っている点が特徴です。レイクでは180日間5万円分の利息を無料との選択が可能で、比較的長期間の融資において負担を軽減する事ができる為、より広い範囲の用途に使えます。

対して、給料前の比較的短期間の利用などに適している企業が、ノーローンです。ノーローンは上記の利息無料期間を提供している点では共通するのですが、無料期間が7日間と短期間である代わりに、同じ月でない限り何度でも利用できる長所を持ちます。したがって、短期間の融資においては実質無料での借入が可能となり、繰り返しの利用などを検討する場合は大きな活躍が見込めます。

関連記事

    主婦は主婦でも総量規制は対象なのか

    総量規制というのは当人の年収の三分の一までしか借入を認めないという国が決めたキャッシングやカードローンにおける規制のことを言います。お金はあればあるだけ使ってしまうもののため、特に若年層に多かったカードローン破産というのが多発しました。自分の返済能力を超えて借入することが多発したのです。 ...

    複数の会社のキャッシングをする時の注意点とは

    複数の会社のキャッシングをする時は利用可能額の合計が年収の3分の1の金額を超えないようにする必要があり、流れを正しく決めて使うことが重要です。消費者金融会社のキャッシングは総量規制対象であり、年収の金額を確認して申し込む必要があります。 キャッシングは一時的にお金を借りて様々な目的で使え...

このページの先頭へ